マバライモムシタケ

2015.10.21

2015.10.21

マバライモムシタケ

綾川町のDさんから、ことしも発生したよと連絡を戴いた。
定期点検なので、採取は止めて頭部だけ摘んできたと言う、綺麗なものを戴いた。
Pa220645a

頭部拡大
Amba0781b

子嚢胞子拡大、128個の二次胞子に分裂する。
Amba0773c

子嚢胞子の長さは、長短が有る。
Amba0770b

イモムシタケとの違いは子嚢殻の大きさとあるが、見た目は、ほぼ同じ。
香川県内の発生で登録されているマバライモムシタケとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.31

2014.10.31

マバライモムシタケ

秋も深まって、
Dさんから、いつもの場所でマバライモムシタケがでたよと連絡が有り、
採取したものを戴いた。

大きな芋虫から発生しているが、今回のものは昨年までのものと違い、
体表面の半分が白い菌糸で覆われていた。
Dscn2389b

しかし、反対側の半分は黒い色をしている。やはり、生きている時の模様は判らない。

子嚢果は、かなり密に分布している。
Dscn2400a

子嚢殻
Amba0994d


子嚢殻
Amba1001d

子嚢
Amba1029d

子嚢胞子
Amba0966d

子嚢胞子
Amba0972e


子嚢殻の大きさが、イモムシタケと比べると、一回り小さい。
これ以外に、イモムシタケとの違いは無いように思われる。

また、子嚢殻は半裸生であり、サヌキイモムシタケの特徴である裸生とは違う。

宮城県の矢萩信夫先生からミジンイモムシタケかも知れないので、
比較してみて下さいと、わざわざ資料を送って下さった。
しかし、書かれている特徴とは当てはまらず、やはりマバライモムシタケに落ち着いた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.25

2012.10.25

マバライモムシタケ

香川県綾川町在住のD肥さんが、芋虫に発生した大きな虫草を発見したと情報が入った。
採取したものを見せて戴くと、大きな芋虫にサナギタケ状の子実体がニョキニョキついている。(D肥さん採取)
Dscn1143ab

これを見せて戴いて思い出したのは、1995年に香川薬草会の例会で発見したカエンタケに似たキノコ。その時はキノコと思っていたのだが、翌日、馬場先生が冬虫夏草かもしれないと、寄主の芋虫を掘り出し、冬虫夏草の会に同定を依頼、サヌキイモムシタケと仮称を戴いた虫草に似ていた。
発見した場所に案内して戴き、虫草仲間の探索で周辺で都合10体を確認することができた。サヌキイモムシタケの発見場所からは、西へ約2kmとほど近い場所だ。
Img_2658a

Img_2656a

Photo

環境は、沢沿いの雑木林の斜面、腐葉土が少なく砂混じり、ところどころに地表が現れている草地。
木々には、大きなフジのツルが垂れ下がっている。
Photo_2

イモムシはトビイロスズメの幼虫らしい。
トビイロスズメはスズメガの仲間だが、一般的なスズメガは幼虫が土に潜ってすぐにサナギになるのに対して、トビイロスズメは土に入っても幼虫のまま越冬して翌年にサナギになるとう生態を持っているため感染しよいとのことだ。また食草にフジも含まれていることから、ほぼ間違いなさそうだ(来年に幼虫を確認したい)

子嚢果 ×100 1目盛り 10μm
Dscn1331ab

子嚢胞子 ×100 1目盛り 10μm
Dscn1145a

子嚢胞子は、128個の2次胞子に分割する。 ×400 1目盛り 2.5μm
Dscn1180ap

山形県のT田さんの検鏡によると、サナギタケとは少し違うとのことで、馬場先生のサヌキイモムシタケとも考えられるが詳細情報がないとのことで、香川県産で詳細記録が有るマダライモムシタケに落ち付いた。
サヌキイモムシタケについては、当時の標本が福島県のK津さんのところに残っているかもしれないとの情報が有り、今後の成り行きが気になる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

きょうの探索メモ | アリヤドリタンポタケ | アワフキムシタケ | イトヒキミジンアリタケ | イリオモテクモタケ | イリオモテコロモクモタケ | ウスアカシャクトリムシタケ | ウスイロオオセミタケ | ウスキサナギタケ | ウスキタンポセミタケ | ウスジロクモタケ | ウスバカゲロウ不明種 | ウメムラセミタケ | ウンカハリタケ? | エゾハルゼミタケ | エダウチカメムシタケ | エリアシタンポタケ | オイラセクチキムシタケ | オオセミタケ | オオタキカイガラムシタケ | オサムシタケ | オニハエヤドリタケ | カイガラムシのトルビエラ | カイガラムシキイロツブタケ | カイガラムシ不明種 | カメムシタケ | ガヤドリナガミノツブタケ | ガヤドリミジンツブタケ | ガ生不明種 | キノコ不明種 | ギベルラタケ | クサナギヒメタンポタケ | クチキカノツノタケ | クチキツトノミタケ | クチキフサノミタケ | クチキムシツブタケ | クビナガクチキムシタケ | クモタケ | クモノエツキツブタケ | クモノオオトガリツブタケ | クモ生マユダマタケ | クモ生不明種 | クロトゲハリタケ | コエダクモタケ | コガネムシタンポタケ | コガネムシハナヤスリタケ | コゴメクモタケ | コツブイモムシハリタケ | コトナミツブハリタケ | コナサナギタケ | コフキクロチャワンタケ | コブガタアリタケ | コメツキタンポタケ | コメツキムシタケ | サナギタケ | サナギ生不明種(仮称 ハスノミミカドナガミタケ) | サビイロクビオレタケ | サンゴクモタケ | シャクトリムシハリセンボン | シャクトリムシ不明種 | シュイロヤンマタケ | シロタマゴクチキムシタケ | シロネハナヤスリタケ | ジムシヤドリタケ | ジャガイモタケ | ジュズミノガヤドリタケ | スポロディニエラ・ウンベラータ | セミの幼虫 | セミノハリセンボン | セミ生不明種 | タイワンアリタケ | タンポタケ | ツキヌキハチタケ | ツクツクボウシセミタケ | ツクツクボウシタケ | ツチダンゴ | ツツナガクモタケ | ツノダシムシヒキアブタケ | ツノダシムシヒキアブタケとイリオモテコロモクモタケ | ツブノセミタケ | テッポウムシタケ | トサカイモムシタケ | ハエヤドリタケ(ムシヒキアブ) | ハガクレシロツブタケ | ハゴロモツブタケ | ハスノミクモタケ | ハチタケ | ハトジムシハリタケ | ハナサナギタケ | ハナヤスリタケ | ハヤカワセミタケ | ヒメクチキタンポタケ | ヒメサナギタケ | ヒメサナギタケモドキ | ヒメサナギタケモドキ(旧 琴南型) | フトクビハエヤドリタケ | プレパラート | ベニイロクチキムシタケ | ホソエノアカクビオレタケ | ホソエノコベニ琴南型 | ホソエノコベニ財田型 | マバライモムシタケ | マユダマタケ | マユダマヤドリバエタケ | マルミアリタケ | マルミノコガネムシタケ | ミタニクラマゴケ | ミチノクコガネツブタケ | ミヤマムシタケ | ムラサキクビオレタケ | ヤクシマセミタケ | ヤクシマセミタケのアナモルフ | ヤンマタケ | 不明種 | 地下生菌 | 朽木生不明種 | 標本整理 | 赤きょう病菌 | 03虫草祭 | 05虫草祭 | 06虫草祭 | 07虫草祭 | 08虫草祭 | 10虫草祭 | 11虫草祭 | 12虫草祭 | 13虫草際 | 15虫草祭