ツツナガクモタケ

2013.10.27

2013.10.27

ツツナガクモタケ

沢の入口にある高さ2m少しのアワブキの枝。
丁度、沢の上に向かって伸びている枝に気生型が付く。
ことしも確認しておこうと、増水した沢に降りると深い。
足場を岩の上に確保して枝を1本づつトレースする。
普通に有るクモ生の小さな分生子型、さらに運よく枝先にハエ生も見つかった。
手前の枝に白い鳥のフンのような物が見えて、目の焦点がそれに合った。
あれ、粒々がある!。ルーペを取り出して見ると子嚢果らしい。
何か判らないため採取して確認することにした。
Dscn2025a

小さいので、拡大してみた。
Dscn2033a

寄主は小さなクモ、細長い子嚢果がある。
図鑑と絵合わせ、特徴が当たらないものを外していくとツツナガクモタケが残った。
子嚢果 ≒820×300。(青木襄児図鑑 800-830×275-300μm)
Amba0042abc

胞子の自然放出は見えないので、子嚢果をつぶす。
未熟な子嚢が出てきた。
Amba0049abc

子嚢の中に子嚢胞子が見えるものが有る。
Amba0068ab

2次胞子に分裂するようで、長さは4μm程度。(清水図鑑 4-6×1-1.5μm)
ほぼ図鑑の寸法に当てはまる。

この谷に、また新たに虫草が加わった。
昨年から探索を始めて、次々に虫草を見せてくれる。
まだまだ隠れているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

きょうの探索メモ | アマミウスキクモタケ | アリヤドリタンポタケ | アワフキムシタケ | イトヒキミジンアリタケ | イリオモテクモタケ | ウスアカシャクトリムシタケ | ウスイロオオセミタケ | ウスキサナギタケ | ウスキタンポセミタケ | ウスジロクモタケ | ウスバカゲロウ不明種 | ウメムラセミタケ | ウンカハリタケ? | エゾハルゼミタケ | エダウチカメムシタケ | エリアシタンポタケ | オイラセクチキムシタケ | オオセミタケ | オサムシタケ | オニハエヤドリタケ | カイガラムシキイロツブタケ | カイガラムシ不明種 | カメムシタケ | ガヤドリナガミノツブタケ | ガヤドリミジンツブタケ | ガ生不明種 | キノコ不明種 | ギベルラタケ | クサナギヒメタンポタケ | クチキカノツノタケ | クチキツトノミタケ | クチキフサノミタケ | クチキムシツブタケ | クモタケ | クモノエツキツブタケ | クモ生マユダマタケ | クモ生不明種 | クロトゲハリタケ | コエダクモタケ | コガネムシタンポタケ | コガネムシハナヤスリタケ | コゴメクモタケ | コナサナギタケ | コフキクロチャワンタケ | コブガタアリタケ | コメツキタンポタケ | コメツキムシタケ | サナギタケ | サナギ生不明種(仮称 ハスノミミカドナガミタケ) | サビイロクビオレタケ | サンゴクモタケ | シャクトリムシハリセンボン | シャクトリムシ不明種 | シュイロヤンマタケ | シロネハナヤスリタケ | ジャガイモタケ | ジュズミノガヤドリタケ | スポロディニエラ・ウンベラータ | セミの幼虫 | セミノハリセンボン | セミ生不明種 | タイワンアリタケ | タンポタケ | ツキヌキハチタケ | ツクツクボウシセミタケ | ツクツクボウシタケ | ツチダンゴ | ツツナガクモタケ | ツノダシムシヒキアブタケ | ツブノセミタケ | テッポウムシタケ | ハエヤドリタケ(ムシヒキアブ) | ハガクレシロツブタケ | ハスノミクモタケ | ハチタケ | ハナサナギタケ | ハナヤスリタケ | ハヤカワセミタケ | ハリガタカイガラムシタケ | ヒメクチキタンポタケ | ヒメサナギタケ | ヒメサナギタケモドキ | ヒメサナギタケモドキ(旧 琴南型) | フトクビクチキムシタケ | フトクビハエヤドリタケ | プレパラート | ベニイロクチキムシタケ | ホソエノアカクビオレタケ | ホソエノコベニ琴南型 | ホソエノコベニ財田型 | マダライモムシタケ | マユダマタケ | マユダマヤドリバエタケ | マルミアリタケ | マルミノコガネムシタケ | ミタニクラマゴケ | ミチノクコガネツブタケ | ミヤマムシタケ | ムラサキクビオレタケ | ヤクシマセミタケ | ヤクシマセミタケのアナモルフ | ヤンマタケ | リョウガミクモタケ | 不明種 | 地下生菌 | 朽木生不明種 | 標本整理 | 03虫草祭 | 05虫草祭 | 06虫草祭 | 07虫草祭 | 08虫草祭 | 10虫草祭 | 11虫草祭 | 12虫草祭 | 13虫草際