サンゴクモタケ

2008.09.23

2008.9.22(2)

サンゴクモタケ

谷に入って一つ目の滝を越えると、岩が迫り出し中央に滝壺がある渓流になる。それを過ぎて次の滝まで、左右のちょっとした台地は、雰囲気のある場所だ。水際の地表を探索していて、目線の先にある枯れ枝にクモらしいものが見えた。
近づいてみるとクモの虫草で、白い綿毛の表面に赤色のツブツブがある。

Dscn6544a

この谷で2度目の対面となる。
http://shimada.air-nifty.com/2005/2006/09/post_7885.html
前回の疑問が解決したわけではないがサンゴクモタケでよさそうだ。

Dscn6545a

子嚢果の大きさは、ほぼ図鑑通りのようだ。

Dscn6577abvc

少し古いようで子嚢胞子の確認はできなかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.03

2006.09.03

サンゴクモタケ

福島県での虫草祭から帰り、この会で習ったことを試してみたいという思いが続いていた。試してみたいことの一つは、コブガタアリタケを探索したときの目線だ。今まで気生型を探す場合、見るのは殆どが葉裏と小さな幹が中心で、枝の先端を意識して探すことは無かった。ところがコブガタアリタケは、小枝の中ごろから先に付いていて、これを探すには目の高さを目指す枝より少し下げることと視線を先端に合わすことをしないと見えないことを体感した。小さな枝先に焦点を合わすのは、自分にとって、かなり厳しい。練習するしかない。

沢沿いに散らばる枯枝の、枝先から枝先へ目を移し一つ一つ焦点を合わせるのは、やはり時間がかかる。始めてまもなく、そんな枝先の、その向こう10cmくらいの木の幹にクモが見えた。練習は終了。アラカシの幹だ。

Kumo

裸生でオレンジ色の子嚢果が、まばらに有る。サンゴクモタケより黄色に見える、先日のリョウガミクモタケに近い色だが、子嚢果のつき方が少し違う。なんだろう。
Dscn0033a

持ち帰り、胞子を見るが、清水図鑑にあるサンゴクモタケやリョウガミクモタケのそれとは違う、二次胞子に分裂しないし隔壁も見えない。あれれ?である。少し採取が早かったようだ。
Kumohumei

ひょっとすると、クモノキイロツブタケかな~と、勝手に思う。

TOP


| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

きょうの探索メモ | アマミウスキクモタケ | アリヤドリタンポタケ | アワフキムシタケ | イトヒキミジンアリタケ | イリオモテクモタケ | イリオモテコロモクモタケ | ウスアカシャクトリムシタケ | ウスイロオオセミタケ | ウスキサナギタケ | ウスキタンポセミタケ | ウスジロクモタケ | ウスバカゲロウ不明種 | ウメムラセミタケ | ウンカハリタケ? | エゾハルゼミタケ | エダウチカメムシタケ | エリアシタンポタケ | オイラセクチキムシタケ | オオセミタケ | オサムシタケ | オニハエヤドリタケ | カイガラムシキイロツブタケ | カイガラムシ不明種 | カメムシタケ | ガヤドリナガミノツブタケ | ガヤドリミジンツブタケ | ガ生不明種 | キノコ不明種 | ギベルラタケ | クサナギヒメタンポタケ | クチキカノツノタケ | クチキツトノミタケ | クチキフサノミタケ | クチキムシツブタケ | クモタケ | クモノエツキツブタケ | クモ生マユダマタケ | クモ生不明種 | クロトゲハリタケ | コエダクモタケ | コガネムシタンポタケ | コガネムシハナヤスリタケ | コゴメクモタケ | コナサナギタケ | コフキクロチャワンタケ | コブガタアリタケ | コメツキタンポタケ | コメツキムシタケ | サナギタケ | サナギ生不明種(仮称 ハスノミミカドナガミタケ) | サビイロクビオレタケ | サンゴクモタケ | シャクトリムシハリセンボン | シャクトリムシ不明種 | シュイロヤンマタケ | シロネハナヤスリタケ | ジムシヤドリタケ | ジャガイモタケ | ジュズミノガヤドリタケ | スポロディニエラ・ウンベラータ | セミの幼虫 | セミノハリセンボン | セミ生不明種 | タイワンアリタケ | タンポタケ | ツキヌキハチタケ | ツクツクボウシセミタケ | ツクツクボウシタケ | ツチダンゴ | ツツナガクモタケ | ツノダシムシヒキアブタケ | ツノダシムシヒキアブタケとイリオモテコロモクモタケ | ツブノセミタケ | テッポウムシタケ | ハエヤドリタケ(ムシヒキアブ) | ハガクレシロツブタケ | ハスノミクモタケ | ハチタケ | ハナサナギタケ | ハナヤスリタケ | ハヤカワセミタケ | ハリガタカイガラムシタケ | ヒメクチキタンポタケ | ヒメサナギタケ | ヒメサナギタケモドキ | ヒメサナギタケモドキ(旧 琴南型) | フトクビクチキムシタケ | フトクビハエヤドリタケ | プレパラート | ベニイロクチキムシタケ | ホソエノアカクビオレタケ | ホソエノコベニ琴南型 | ホソエノコベニ財田型 | マダライモムシタケ | マユダマタケ | マユダマヤドリバエタケ | マルミアリタケ | マルミノコガネムシタケ | ミタニクラマゴケ | ミチノクコガネツブタケ | ミヤマムシタケ | ムラサキクビオレタケ | ヤクシマセミタケ | ヤクシマセミタケのアナモルフ | ヤンマタケ | 不明種 | 地下生菌 | 朽木生不明種 | 標本整理 | 03虫草祭 | 05虫草祭 | 06虫草祭 | 07虫草祭 | 08虫草祭 | 10虫草祭 | 11虫草祭 | 12虫草祭 | 13虫草際