ツクツクボウシタケ

2004.09.02

2004.09.02

ツクツクボウシタケ

ことしも、ツクツクボウシタケの発生が終わってから出てくる、特大のツクツクボウシタケを見に行く。毎年9月以降に発生する大きなもので、普通のツクツクボウシは、子実体が寄主のセミから直接出ているのにたいして、これは寄主の上に菌糸膜(帯)が有り、その上に子実体が出ている。単に深い位置に有るために、こんな形に成っているのか不明であるが、発生時期にもズレあり、別物かなっと思えなくも無い。

Tuku1

Tuku333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.29

2004.07.29

ツクツクボウシタケ

猛暑の、このところ雨も降らず、山はカラカラだろうと思っていた。仕事が一段落して久しぶりの休み、ツクツクボウシタケの様子を見ておこうと出かけた。谷に入ると予想は少し外れた、水量は確かに少ないが流れは確保されており、環境はさほど変化していないようだ。さらに昨年よりは10日早い訪問で、発生しているかどうか少し心配していたが、この心配も吹き飛んだ。沢を登るにつれて、左右の斜面には白い塊が見え、目標地点では、足を置いた周辺を見れば必ず複数見つかる、昨年同様の発生が確認できた。ただ、少し早いようで、伸びきっている個体は少ない。とりあえず、いつものようにセミタケを探すが、これは見えなかった。

Tukutukubousi2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.08.10

2003.08.10

ツクツクボウシタケ

7月の虫草祭が済んで、山行きは久しぶり。H川へはいる。H先輩がコロモコメツキムシタケを、この川で見つけてN先輩のところへ持ち込まれたとニュースが入っていた。しかし台風の後の谷は増水し、道は木の葉で覆われて苦戦を思わせていた。ここにはツクツクボウシの坪があり、昨年の記録だと既に出ているはずだったが、苦戦は的中して谷の突き当たりまでで、たった1体の採取だけだった。

気分転換、家内が作ってくれた弁当を食べることにする。旨い。食べながらノートを見ると昨年ホンゴウソウを記録していた。計画変更、その場所へ行くことにする。しかし再び落胆、当地は土が流されて様相が変わっていた。諦めて沢から山道へ上がる。なんと有った!ツクツクボウシタケ。道なりに、ぽつぽつ・・が、有るは有るはそこら中、30数えて数えるのを止めた。おそらく100近く。これほどの数を見たのは、虫草の探索を始めて以来、初めての経験だった。

Tukutuku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.07.17

2002.07.17

ツクツクボウシタケ(Cordyceps sinclairii)

私にとっては、生涯で最初の冬虫夏草です。1992年8月香川薬草会「キノコの日」で三谷進先生に、初めて見せて戴いた。以来、毎年見に行き続けた8年目、同じ場所でツクツクボウシセミタケを調査に来ていた西内氏に出会い、本格的虫草探索のきっかけとなった。ごくありふれたセミ生の冬虫夏草と知ってからも、夏が来れば見に行き続けると思います。

20020717tukutuku2

20020717tukutuku1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.07.12

2001.07.12(2)

ツクツクボウシタケ(Cordyceps sinclairii)

10年前この場所で、三谷進さんに初めて教えてもらった虫草です。
20010712tukutukuv1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

きょうの探索メモ | アマミウスキクモタケ | アリヤドリタンポタケ | アワフキムシタケ | イトヒキミジンアリタケ | イリオモテクモタケ | ウスアカシャクトリムシタケ | ウスイロオオセミタケ | ウスキサナギタケ | ウスキタンポセミタケ | ウスジロクモタケ | ウスバカゲロウ不明種 | ウメムラセミタケ | ウンカハリタケ? | エゾハルゼミタケ | エダウチカメムシタケ | エリアシタンポタケ | オイラセクチキムシタケ | オオセミタケ | オサムシタケ | オニハエヤドリタケ | カイガラムシキイロツブタケ | カイガラムシ不明種 | カメムシタケ | ガヤドリナガミノツブタケ | ガヤドリミジンツブタケ | ガ生不明種 | キノコ不明種 | ギベルラタケ | クサナギヒメタンポタケ | クチキカノツノタケ | クチキツトノミタケ | クチキフサノミタケ | クチキムシツブタケ | クモタケ | クモノエツキツブタケ | クモ生マユダマタケ | クモ生不明種 | クロトゲハリタケ | コエダクモタケ | コガネムシタンポタケ | コガネムシハナヤスリタケ | コゴメクモタケ | コナサナギタケ | コフキクロチャワンタケ | コブガタアリタケ | コメツキタンポタケ | コメツキムシタケ | サナギタケ | サナギ生不明種(仮称 ハスノミミカドナガミタケ) | サビイロクビオレタケ | サンゴクモタケ | シャクトリムシハリセンボン | シャクトリムシ不明種 | シュイロヤンマタケ | シロネハナヤスリタケ | ジャガイモタケ | ジュズミノガヤドリタケ | スポロディニエラ・ウンベラータ | セミの幼虫 | セミノハリセンボン | セミ生不明種 | タイワンアリタケ | タンポタケ | ツキヌキハチタケ | ツクツクボウシセミタケ | ツクツクボウシタケ | ツチダンゴ | ツツナガクモタケ | ツノダシムシヒキアブタケ | ツブノセミタケ | テッポウムシタケ | ハエヤドリタケ(ムシヒキアブ) | ハガクレシロツブタケ | ハスノミクモタケ | ハチタケ | ハナサナギタケ | ハナヤスリタケ | ハヤカワセミタケ | ハリガタカイガラムシタケ | ヒメクチキタンポタケ | ヒメサナギタケ | ヒメサナギタケモドキ | ヒメサナギタケモドキ(旧 琴南型) | フトクビクチキムシタケ | フトクビハエヤドリタケ | プレパラート | ベニイロクチキムシタケ | ホソエノアカクビオレタケ | ホソエノコベニ琴南型 | ホソエノコベニ財田型 | マダライモムシタケ | マユダマタケ | マユダマヤドリバエタケ | マルミアリタケ | マルミノコガネムシタケ | ミタニクラマゴケ | ミチノクコガネツブタケ | ミヤマムシタケ | ムラサキクビオレタケ | ヤクシマセミタケ | ヤクシマセミタケのアナモルフ | ヤンマタケ | リョウガミクモタケ | 不明種 | 地下生菌 | 朽木生不明種 | 標本整理 | 03虫草祭 | 05虫草祭 | 06虫草祭 | 07虫草祭 | 08虫草祭 | 10虫草祭 | 11虫草祭 | 12虫草祭 | 13虫草際