ツブノセミタケ

2011.08.14

2011.08.14

ツブノセミタケ (八丈島産)

静岡県のHN茶のかほりさんから八丈島のお土産が届いた。
クール宅急便で受け取った小包の中には、セミ生の虫草が沢山入っている。
まず、身近なツブノセミタケと思われるものを観察する。
Dscn8633a

外観に違和感はない。子嚢果の状態も同様。
Dscn8639a
大きさも、長短のバランスも変わりがない。
Dscn8683a
長さ500×300μは誤差の範囲と思う。
A
二次胞子は、小さくバラバラになる。
A_2

八丈島産のツブノセミタケの、香川産と同様の結果を得られた。なぜか、ちょっと安心した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.06

2008.06.29

ツブノセミタケ

薬草会で運良くツブノセミタケが2つ見つかった。採取を試みたが木の根に阻まれて寄種の堀りあげは断念した。
Tubunosemitake

子嚢果
Tubunoshinouka

2次胞子
Tubuno2jihoushi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.12

2005.07.12

ハナサナギタケ、ツブノセミタケ

この数週間、仕事漬けの日々、そんな中で、きょうは家内の検診日でお休みをもらった。病院が以外に早く終わって、昼過ぎから時間ができる。兎に角、山へ。時期的には、ホソエノコベニムシタケの発生が見られるかも知れない、カメムシタケが出てるかもしれない、色々な思いが、きょうの目的地を決めていた。しかし、そう簡単にはいかなかった。見慣れた林道をカメムシを目標に歩いてみたが、見つかったのは、ハナサナギタケと出始めたツブノセミタケ。ツブノセミタケは、かなりの数がでていたが、これから結実するのは、どのくらいだろう。

ハナサナギタケ
DSCN1882a

ツブノセミタケの芽生え
DSCN1898a


TOP

|

2004.05.29

2004.5.29

ツブノセミタケ

ツブノセミタケは越年生と言われており、確かに昨年のものに新しく子実体が出ているものはよく見るが、図鑑記載の4年生の観察は出来ていない。
実際のどうなんだろうと2年前から観察をしている個体に、3年目の子実体が出てきた。

200405a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.08.16

2003.08.16

ツブノセミタケ

先週見つけたツクツクボウシの群生の中で、他の虫草はないか探すことにする。斜面を下から上下ジグザグに探索をはじめて、まずカメムシタケを見つける。有りそうだと思うが、探索はツクツクの白い子実体に目を奪われて、結構難しい。やっとのこと、ツブノセミタケが見つかり目的を達成した。寄種の深さは約5cm無事採取。2次胞子が非常に小さい。

Tubunosemi11


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.09.26

2002.09.26

ツブノセミタケ(Cordyceps prolifica)

20020926tubuno


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002.06.02

2002.06.02

ツブノセミタケ(Cordyceps prolifica)


越年生のため、昨年の子実体の横から新しい子実体が伸びてきました。夏が過ぎたら胞子果が付くのでしょうか。見守っていきたいと思います。(8月結実)

20020602tubuno2

20020602tubuno1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.11.16

2001.11.16(2)

ツブノセミタケ(Cordyceps prolifica)

杉の根っこにチョコンと角を出していました。このセミは、どのくらいの深さに居るか判らないので採集は苦手です。幸い彼の場合は10センチ程度でした。
20011116tubunosemiv1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

きょうの探索メモ | アマミウスキクモタケ | アリヤドリタンポタケ | アワフキムシタケ | イトヒキミジンアリタケ | イリオモテクモタケ | ウスアカシャクトリムシタケ | ウスイロオオセミタケ | ウスキサナギタケ | ウスキタンポセミタケ | ウスジロクモタケ | ウスバカゲロウ不明種 | ウメムラセミタケ | ウンカハリタケ? | エゾハルゼミタケ | エダウチカメムシタケ | エリアシタンポタケ | オイラセクチキムシタケ | オオセミタケ | オサムシタケ | オニハエヤドリタケ | カイガラムシキイロツブタケ | カイガラムシ不明種 | カメムシタケ | ガヤドリナガミノツブタケ | ガヤドリミジンツブタケ | ガ生不明種 | キノコ不明種 | ギベルラタケ | クサナギヒメタンポタケ | クチキカノツノタケ | クチキツトノミタケ | クチキフサノミタケ | クチキムシツブタケ | クモタケ | クモノエツキツブタケ | クモ生マユダマタケ | クモ生不明種 | クロトゲハリタケ | コエダクモタケ | コガネムシタンポタケ | コガネムシハナヤスリタケ | コゴメクモタケ | コナサナギタケ | コフキクロチャワンタケ | コブガタアリタケ | コメツキタンポタケ | コメツキムシタケ | サナギタケ | サナギ生不明種(仮称 ハスノミミカドナガミタケ) | サビイロクビオレタケ | サンゴクモタケ | シャクトリムシハリセンボン | シャクトリムシ不明種 | シュイロヤンマタケ | シロネハナヤスリタケ | ジャガイモタケ | ジュズミノガヤドリタケ | スポロディニエラ・ウンベラータ | セミの幼虫 | セミノハリセンボン | セミ生不明種 | タイワンアリタケ | タンポタケ | ツキヌキハチタケ | ツクツクボウシセミタケ | ツクツクボウシタケ | ツチダンゴ | ツツナガクモタケ | ツノダシムシヒキアブタケ | ツブノセミタケ | テッポウムシタケ | ハエヤドリタケ(ムシヒキアブ) | ハガクレシロツブタケ | ハスノミクモタケ | ハチタケ | ハナサナギタケ | ハナヤスリタケ | ハヤカワセミタケ | ハリガタカイガラムシタケ | ヒメクチキタンポタケ | ヒメサナギタケ | ヒメサナギタケモドキ | ヒメサナギタケモドキ(旧 琴南型) | フトクビクチキムシタケ | フトクビハエヤドリタケ | プレパラート | ベニイロクチキムシタケ | ホソエノアカクビオレタケ | ホソエノコベニ琴南型 | ホソエノコベニ財田型 | マダライモムシタケ | マユダマタケ | マユダマヤドリバエタケ | マルミアリタケ | マルミノコガネムシタケ | ミタニクラマゴケ | ミチノクコガネツブタケ | ミヤマムシタケ | ムラサキクビオレタケ | ヤクシマセミタケ | ヤクシマセミタケのアナモルフ | ヤンマタケ | リョウガミクモタケ | 不明種 | 地下生菌 | 朽木生不明種 | 標本整理 | 03虫草祭 | 05虫草祭 | 06虫草祭 | 07虫草祭 | 08虫草祭 | 10虫草祭 | 11虫草祭 | 12虫草祭 | 13虫草際