ツノダシムシヒキアブタケ

2011.04.02

2011.04.02

ツノダシムシヒキアブタケ

ようやく暖かくなって、待っていたかのように花々が開き始めた。
昨年よりサクラの開花宣言は遅かったが、モモも追いかけて咲き始めている。
掲示板でオオセミタケの発生を知らせる書き込みが有り、出かけてみた。
2009年3月29日の発生確認が自分としては最も早い発見だが、
どうかなぁとの思いで山道を登る。
付近をかなり注意深く探索するが見つからず、諦めて下る。まだ早そうだ。
下った場所に、昨年の12月に見つけたムシヒキアブを探す。
着生していた灌木の先端部が刈られて、様相が変わっていた。
ダメもとで枝周辺と地上を探すが見つからず、諦めて反対側へ回り込んでみる。
見えた、着生した枝が下方に折れ曲がって死角になっていたようだ。
Img_1312a
向きは違うが12月の物。
そのまま、もうひとつの灌木を眺めていたら、高い場所にハエが見えて、
角を出しているのが確認できた。
夏まで落ちずに成長してほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.23

2010.12.23

ツノダシムシヒキアブタケ

寒さが一段落して天気が回復した。
山道は先日の雪も消え普段の様子、道沿いの川は少し増水し流れの音が聞こえる。
車を降りてみると少し寒く息が白い。
オーバーを着てリュックを担ぎ、手袋と毛糸の帽子も。
砂防ダムの水は、澄んで底まで見える。コイ達はどこへ隠れているんだろう。
きょうは、道の初めから斜面を見ていくことにした。
倒木には硬いキノコの仲間がついているが、虫草は見えず。
この季節ならではのエノキタケが見える。
Img_1039a

朽木を見ていくがキノコばかり、ひとつだけオイラセクチキムシタケと思われるヒゲが見えたが他になし。
地上をみて、次は葉の落ちた灌木の枝先をみる。
ちょうど見上げる位置にムシヒキアブが見えた。
上の道に上がってみるが、枝が遠い。
Img_1018a

結局、隣りの木に少し登って写した。反対側から、
Img_1028a
このまま冬を越して来年に子嚢果を付けてくれれば嬉しい。

その後はキノコばかりだが、ハナサナギタケはこの季節でも有る。
Img_1036a

元気なエノキタケ。
Img_1011a


2時間余り、ことし最後の探索を終了した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.17

2006.09.17(1)

ツノダシムシヒキアブタケ

小さな谷へ入る。この谷は前にある民家の水源となっているため、少し人の手が入っているが、それ以外には変化が抑えられているため虫草の環境はいいと思う。
入ってから、ヤブツバキの葉を見て行く。未熟なクモが点々とあり有望な場所のようだ。
少し進んで、谷へ落ち込んだ枝打ちされたヒノキの枝先に、見覚えの有るムシヒキアブが見えた。

Dscn0094a

少し古いようだが、僕にとっては初物、やっぱり嬉しい。

Dscn0117a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

きょうの探索メモ | アリヤドリタンポタケ | アワフキムシタケ | イトヒキミジンアリタケ | イリオモテクモタケ | イリオモテコロモクモタケ | ウスアカシャクトリムシタケ | ウスイロオオセミタケ | ウスキサナギタケ | ウスキタンポセミタケ | ウスジロクモタケ | ウスバカゲロウ不明種 | ウメムラセミタケ | ウンカハリタケ? | エゾハルゼミタケ | エダウチカメムシタケ | エリアシタンポタケ | オイラセクチキムシタケ | オオセミタケ | オサムシタケ | オニハエヤドリタケ | カイガラムシのトルビエラ | カイガラムシキイロツブタケ | カイガラムシ不明種 | カメムシタケ | ガヤドリナガミノツブタケ | ガヤドリミジンツブタケ | ガ生不明種 | キノコ不明種 | ギベルラタケ | クサナギヒメタンポタケ | クチキカノツノタケ | クチキツトノミタケ | クチキフサノミタケ | クチキムシツブタケ | クモタケ | クモノエツキツブタケ | クモノオオトガリツブタケ | クモ生マユダマタケ | クモ生不明種 | クロトゲハリタケ | コエダクモタケ | コガネムシタンポタケ | コガネムシハナヤスリタケ | コゴメクモタケ | コトナミツブハリタケ | コナサナギタケ | コフキクロチャワンタケ | コブガタアリタケ | コメツキタンポタケ | コメツキムシタケ | サナギタケ | サナギ生不明種(仮称 ハスノミミカドナガミタケ) | サビイロクビオレタケ | サンゴクモタケ | シャクトリムシハリセンボン | シャクトリムシ不明種 | シュイロヤンマタケ | シロネハナヤスリタケ | ジムシヤドリタケ | ジャガイモタケ | ジュズミノガヤドリタケ | スポロディニエラ・ウンベラータ | セミの幼虫 | セミノハリセンボン | セミ生不明種 | タイワンアリタケ | タンポタケ | ツキヌキハチタケ | ツクツクボウシセミタケ | ツクツクボウシタケ | ツチダンゴ | ツツナガクモタケ | ツノダシムシヒキアブタケ | ツノダシムシヒキアブタケとイリオモテコロモクモタケ | ツブノセミタケ | テッポウムシタケ | トサカイモムシタケ | ハエヤドリタケ(ムシヒキアブ) | ハガクレシロツブタケ | ハゴロモツブタケ | ハスノミクモタケ | ハチタケ | ハナサナギタケ | ハナヤスリタケ | ハヤカワセミタケ | ハリガタカイガラムシタケ | ヒメクチキタンポタケ | ヒメサナギタケ | ヒメサナギタケモドキ | ヒメサナギタケモドキ(旧 琴南型) | フトクビクチキムシタケ | フトクビハエヤドリタケ | プレパラート | ベニイロクチキムシタケ | ホソエノアカクビオレタケ | ホソエノコベニ琴南型 | ホソエノコベニ財田型 | マバライモムシタケ | マユダマタケ | マユダマヤドリバエタケ | マルミアリタケ | マルミノコガネムシタケ | ミタニクラマゴケ | ミチノクコガネツブタケ | ミヤマムシタケ | ムラサキクビオレタケ | ヤクシマセミタケ | ヤクシマセミタケのアナモルフ | ヤンマタケ | 不明種 | 地下生菌 | 朽木生不明種 | 標本整理 | 03虫草祭 | 05虫草祭 | 06虫草祭 | 07虫草祭 | 08虫草祭 | 10虫草祭 | 11虫草祭 | 12虫草祭 | 13虫草際