ツチダンゴ

2013.02.16

2013.02.16

ツチダンゴ

この時期、菌性の虫草を見たくなる。
すでに京都からは、タンポタケ発生のニュースが届いている。
少し寒いがMさんの坪に出かけてみた。
車を止めて斜面に踏み込むと、なんとなく腐葉土が少ない。
こんな感じだったかなと思いながら足元をみる。
落ちた葉っぱの間に見えるのはドングリばかりで、肝心のタンポタケは見えない。
ところが腐葉土がなく地表が見える部分にツチダンゴが見えた。
感染しているのかどうか判らないので、数個持ち帰る。
Dscn1378a_2
ほぼ、このサイズだ。
割ってみると、チョコレート色の粉がいっぱいだ。感染している様子はない。
Dscn1382a

持ち帰ったものを全て割ってみたが同じだった。
粉は、丸い胞子。
Dscn1404a

時期的にはタンポタケが発生していてもおかしくないと思うが見えなかった。
また、地表にツチダンゴが見えているのも通常ではない。
人的に地表をかく乱されたかもしれないが、全く発生しないとは思われず、
もう少し日をおいて、もう一度訪れてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.25

2008.5.24

寺家ふるさと村

三週間の東京出張が終わった最後の日に、「寺家ふるさと村」という場所へ行った。ここは、神奈川県と東京都の境目にあり、農村一帯を保護して開発をやめて、いわゆる里山をのこしている地域だとのことだ。東京の山荘主人(HN)さんに教えてもらって訪ねることにした。出張先の高田馬場から、JR山手線、東急田園都市線、バスと乗り継いで約1時間30分で到着した。東急田園都市線の途中にある駅は、30数年前に会社勤めを始めて、日々の通勤を始めた駅で、懐かしく車窓を眺めてみたが、昔の面影は全くなく、ビルの街と化していた。
バスを降りたところは、郊外の緑を配置した団地のなか、両脇に街路樹のある坂道を少し下ると、田んぼの景色が正面から左手に広がっていた。
Dscn5309a

左手に鳥居が見えたので、そこまで行くと、田んぼは右手にも左手にもあり、真ん中を山が分けている様子が判った。この真ん中の山が、生活に役に立つ「里山」で、尾根筋を遊歩道が通っているようだ。
とりあえず歩いてみようと、鳥居から左手の田んぼへ行く。左手に行くと田んぼからみて山は北側となり斜面は南向きとなる、意識的に南側斜面に絞る。
田んぼを見ながら、人家が切れたところで斜面にはいる。残り物のムサシアブミかな。
Dscn5288a

地表をみて朽木をみて湿り具合も凹部なら、いいかもしれないと、尾根道のすぐ下の斜面を道に合わせて進む。早朝の散歩をしている人達が皆んな挨拶をしてくれる。へぇ~、ここでは挨拶するんだと思いながら挨拶を返す。
まぁ来てすぐに虫草が見つかるとは思ってはいないのだが、眼は、けっこう目移りしている。
尾根を降りて道にでると、釣堀らしく、何人も釣っていた。その駐車場から、また登る。登る道で、これだとオサムシがいるかもと思ってしまった。土止めの間隔があって斜面との交わりも、いいなぁと思ったが、なにも見つからなかった。
しかし、ここは見逃せないと思い、道を外れて斜面を登ることにした。そして地表に白いものを見つけた。なにせテングノメシガイ・マメザヤの仲間のようなのが有り、けっこう厳しい状況の中で、感覚的に違うと感じたときは嬉しい。通常使う道具は、いっさい持ってきていない。ただ1つ、持ってきたのはスプーン。これは、飛行機の検査も通過した。
Dscn5356a

少し掘ると寄種がでてきた。まるいのでサナギではないと判るが、ツチダンゴと思うのには、数秒時間がかかった。
Dscn5294ab

自然を管理している場所で採取するのはマズイ事だとは思うが、洗ってみないと判らない。堀あげて田んぼの横のベンチへ。水等代わりに持ってきたペットボトルの水をかけて洗うと寄種が出てきた。間違いなくツチダンゴ生虫草。
Dscn5335a

初めての場所でツチダンゴとは、幸運に感謝したい。
東京から四国へ持ち帰って追培することにした。団子への取り付き方がハナヤスリタケに似ている。
ベンチで休憩をしていると、相変わらず通りがかる人達は挨拶してくれる。時計を見ると来てから2時間を経過していた。


TOP


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

きょうの探索メモ | アマミウスキクモタケ | アリヤドリタンポタケ | アワフキムシタケ | イトヒキミジンアリタケ | イリオモテクモタケ | ウスアカシャクトリムシタケ | ウスイロオオセミタケ | ウスキサナギタケ | ウスキタンポセミタケ | ウスジロクモタケ | ウスバカゲロウ不明種 | ウメムラセミタケ | ウンカハリタケ? | エゾハルゼミタケ | エダウチカメムシタケ | エリアシタンポタケ | オイラセクチキムシタケ | オオセミタケ | オサムシタケ | オニハエヤドリタケ | カイガラムシキイロツブタケ | カイガラムシ不明種 | カメムシタケ | ガヤドリナガミノツブタケ | ガヤドリミジンツブタケ | ガ生不明種 | キノコ不明種 | ギベルラタケ | クサナギヒメタンポタケ | クチキカノツノタケ | クチキツトノミタケ | クチキフサノミタケ | クチキムシツブタケ | クモタケ | クモノエツキツブタケ | クモ生マユダマタケ | クモ生不明種 | クロトゲハリタケ | コエダクモタケ | コガネムシタンポタケ | コガネムシハナヤスリタケ | コゴメクモタケ | コナサナギタケ | コフキクロチャワンタケ | コブガタアリタケ | コメツキタンポタケ | コメツキムシタケ | サナギタケ | サナギ生不明種(仮称 ハスノミミカドナガミタケ) | サビイロクビオレタケ | サンゴクモタケ | シャクトリムシハリセンボン | シャクトリムシ不明種 | シュイロヤンマタケ | シロネハナヤスリタケ | ジャガイモタケ | ジュズミノガヤドリタケ | スポロディニエラ・ウンベラータ | セミの幼虫 | セミノハリセンボン | セミ生不明種 | タイワンアリタケ | タンポタケ | ツキヌキハチタケ | ツクツクボウシセミタケ | ツクツクボウシタケ | ツチダンゴ | ツツナガクモタケ | ツノダシムシヒキアブタケ | ツブノセミタケ | テッポウムシタケ | ハエヤドリタケ(ムシヒキアブ) | ハガクレシロツブタケ | ハスノミクモタケ | ハチタケ | ハナサナギタケ | ハナヤスリタケ | ハヤカワセミタケ | ハリガタカイガラムシタケ | ヒメクチキタンポタケ | ヒメサナギタケ | ヒメサナギタケモドキ | ヒメサナギタケモドキ(旧 琴南型) | フトクビクチキムシタケ | フトクビハエヤドリタケ | プレパラート | ベニイロクチキムシタケ | ホソエノアカクビオレタケ | ホソエノコベニ琴南型 | ホソエノコベニ財田型 | マダライモムシタケ | マユダマタケ | マユダマヤドリバエタケ | マルミアリタケ | マルミノコガネムシタケ | ミタニクラマゴケ | ミチノクコガネツブタケ | ミヤマムシタケ | ムラサキクビオレタケ | ヤクシマセミタケ | ヤクシマセミタケのアナモルフ | ヤンマタケ | リョウガミクモタケ | 不明種 | 地下生菌 | 朽木生不明種 | 標本整理 | 03虫草祭 | 05虫草祭 | 06虫草祭 | 07虫草祭 | 08虫草祭 | 10虫草祭 | 11虫草祭 | 12虫草祭 | 13虫草際