« 2012.10.09 | トップページ | 2012.10.14 (2) »

2012.10.14

2012.10.14 (1)

ムラサキクビオレタケ Cordyceps purpureostromata

島根県のAくんが香川県を訪れた。
彼は、前夜(新月)に鳥取県大山でツキヨタケの撮影を行ってから、その足で瀬戸大橋を渡ってきた。
お土産ですと渡してくれたのが、このムラサキクビオレタケ。
朽木ごと採取されたものは、少し大きくて、朽木の中から子実体が3つも出ている。
Dscn0773ab

ちょん切っては勿体ないので、慎重に朽木を削って、寄主を出した。
Dscn0824a

胞子も盛んに出していて、スライドグラスが、短時間で白くなる。
×100 1目盛り 10μm
Dscn0828a

子嚢はずんぐりしている。×400 1目盛り 2.5μm
Dscn0846a

2次胞子に分裂しないが、隔壁は見えるだろうと思ったが、うまく見えない。
×400 1目盛り 2.5μm
Dscn0834a

赤く染色してみると、隔壁らしきものが少し見える。隔壁3枚で4分割。
Dscn0852a

まだ1度も現地で採取したことがないムラサキクビオレタケ、こうして観察できるのはAくんの御蔭だと思う。


|

« 2012.10.09 | トップページ | 2012.10.14 (2) »

ムラサキクビオレタケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012.10.14 (1):

« 2012.10.09 | トップページ | 2012.10.14 (2) »